RSS | ATOM | SEARCH
Un jour férié en France : le 8 Mai〜今日は何の日?5月8日〜

Bonjour!

 

投稿が遅れてしまいましたが…5月8日はフランスの祝日です!

何の日かご存知でしょうか?

ヒントは…1945年。

答えが気になった皆さんは、ぜひ下記のフランス語記事に挑戦してみてくださいね。

 

La France est le seul pays d’Europe qui célèbre encore le 8 mai 1945.

Le 20 mars 1953, ce jour qui célèbre la victoire des alliés (Chine, Etats-Unis, Union soviétique, Royaume-Uni et France) sur l’Allemagne et la fin de la Seconde Guerre mondiale en Europe en 1945, est déclaré férié et chômé en France. Cela signifie que les écoles, les entreprises et les administrations sont fermées. Mais dès 1959, Charles de Gaulle, nouveau Président de la République, supprime le jour férié en gardant les cérémonies qui commémorent cette date le deuxième dimanche de mai. En 1968, le 8 mai redevient jour de commémoration sans être férié.

En 1975, le président Valery Giscard d’Estaing supprime la commémoration du 8 mai en signe de réconciliation avec l’Allemagne.

Ce n’est qu’en 1981, alors qu’il vient d’être élu, que François Mitterrand redonne tout son sens au 8 mai en rétablissant le jour férié ainsi que la commémoration.

Le 8 mai est l’occasion de se rappeler que 60 millions de soldats ont sacrifié leurs vies pour conserver leur liberté.

De nombreuses rues, dans les villes et villages français, portent le nom de « rue du 8 mai 1945 ».

 

 

 

皆さん、分かりましたか?

5月8日はフランスの終戦記念日でした。

短い歴史の中で、祝日になったり廃止されたり記念日になったり…、

戦争という歴史はどの国でもデリケートで複雑な事情を抱えていますよね

 

多くの方々の犠牲と苦しみの末に迎えた終戦。

5月8日は祝祭日となり、6千万人の兵士が犠牲となったことに想いを寄せる日となりました。

フランスでは今、多くの場所で« rue du 8 mai 1945 »という名前の通りが見られます

この通りを見つけた時は、この記事を思い出し、平和への願いを踏みしめて歩いていただければ…と思います。

 

こちらの記事、レッスンのフリートークの題材としてもお勧めです。

それでは、次回ブログでお会いしましょう!

author:Frantiere, category:フランスの日常, 15:54
comments(0), -, -
サン・二コラ

みなさん、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。

昨年末は、5周年企画のスタンプラリーに多くの生徒さんにご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

アンケートにご記載いただきました内容につきましては、スタッフ一同真摯に受け止め、今後の運営に活かさせていただきます!

 

さて、12月中に更新しようと思いつつも、さすが「師走」。

気が付けば、すっかり新年を迎えてしまいました。

(言い訳もほどほどに、、)

時季外れのネタで恐縮ではございますが、本日はベルギーからブログをお届けします!

 

-----------------------------------------------------------------

 

ベルギーでは12月24日、25日のクリスマスも家族でお祝いをしますが、もうひとつ12月6日にサン・二コラの日という子供のためのお楽しみイベントがあります。

サン・二コラ・・・サンタクロースのモデルとなった人物で、服装や見かけはほとんどサンタクロースなのですが、ベルギーに住むまで存在自体、知りませんでした。

そこで、どんな人物なのか今回調べてみました♪

 

主に北および東フランス、ベルギー、ルクセンブルグ、ドイツ、オーストリア、オランダ、ポーランドで祝われるお祭りです。

サン・ニコラは現在のトルコで生まれた300年頃の聖人で、実際に貧しい子供達を救っていたそうです。

この聖人ニコラの命日である126日を「聖ニコラの日」として祝うようになりました。

 

前日の125日の夜に、サン・ニコラは子供たちの家を周り、いい子にしていた子供たちにごほうびとして、お菓子を置いていきます。

サンタクロースと違う点は、オランダがオレンジ貿易で関係の深かったスペインから、トナカイではなく海の上は船に乗り、陸路はロバに乗ってやってくるところです。

また、子供たちは暖炉の前にサン・ニコラへの飲み物と、ロバのための水とにんじんを用意して靴下を下げておくようです。

そして、サン・二コラは、顔の黒いピート(鞭打ちじいさん) も一緒にやってきます。

いたずらっ子を鞭で懲らしめ、また悪い子は連れ去られてしまうという逸話があり、子供から怖がられています。(ちょっと日本のなまはげに似ていますね!?)

サン・二コラの日はシナモン味のスペキュロスというお菓子を食べるようですが、スーパーなどではサン・二コラの包装のチョコも沢山見かけました。

 

このお祝いがある地域の子供達は、サン二コラとサンタクロースから1か月に2回プレゼントがもらえ、楽しいイベントがあって良いですね。

きっと子供達の親も12月が近づくと、「いい子にしないと、サン・二コラからもサンタクロースからもプレゼントがもらえないわよ!」と口を酸っぱくしていることでしょう。

 

保育園、幼稚園、小学校やショッピングセンターなどでもこのイベントは行われており、子供達は怖がったり、手を振って喜んだり、お願い事をしたり、様々な反応を見せていました♪

 

-----------------------------------------------------------------

 

今年も皆様とレッスンにてたくさんお会いできることを楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたします!

author:Frantiere, category:ベルギーの日常, 23:14
comments(0), -, -
預言者生誕祭

みなさん、こんにちは!

 

2018年11月21日はイスラム教の祭礼、預言者生誕祭でした。

私たちになじみのグレゴリオ暦は1年365日ですが、イスラム教は1年354日のヒジュラ暦を用います。

そのため、ラマダンも犠牲祭も預言者生誕祭も、グレゴリオ暦で見ると毎年異なる日になるのです。

 

グレゴリオ暦2018年は、11月21日が預言者生誕祭。

私たちの講師国チュニジアでは、祝日です。

さて、預言者生誕祭って何をするの?ということで、Rim講師に聞いてみました!

 

 

Al Mouled  est une fête religieuse qui célèbre la naissance du prophète de l’islam « Mouhamed » ; elle a lieu le 12 « Rabia al awal » le troisième mois du calendrier islamique.

 

En Tunisie on profite de cette occasion pour rendre visite aux proches, leur souhaiter les meilleurs vœux et s'amuser ensemble.

 

La veille du Mouled ; on prépare un dessert spécial : c'est une délicieuse crème pâtissière à base de pignon de pin d’Alep garnie avec des fruits secs. Ce plat s'appelle « Assida Zgougou ».

 

Pour ma petit famille cette année nous allons visiter mes beaux-parents Pour les féliciter et avoir le dîner ensemble ; mon fils jouera avec ses cousins  et Tout le monde sera heureux puisque toute la famille sera réuni.

 

Après le dîner nous quitterons pour passer la soirée chez mes parents ; ma sœur a acheté des  jouets pour mon fils spécialement pour le Mouled  et mon père lui emmènera pour acheter des bonbons.

 

 

 

欧米のクリスマスに似ているのかな、と思うのですが、チュニジアではお休みは1日。

家族の集まれる、幸せな祭日のようです^ ^

ちなみに、イスラム教の国チュニジアでは、本来クリスマスのお祝いはしないのですが…

最近は街中で広告を見かけたり、クリスマスを楽しむ人も増えてきているのだとか。

もっともっと知りたい方は、ぜひレッスンで講師に聞いてみてくださいね!

 

------------------------------------------------------------------------------------

(日本語訳)

Al Mouled は イスラム教の開祖ムハンマドを祝う、宗教上の祭礼です。それは、イスラム暦の第3月「Rabia al awal 」の12日に行われます。

私たちチュニジア人にとっては、親戚に会いに行き、お祝いの言葉を交わし一緒に楽しむ日です。

生誕祭の前夜、私たちは特別なデザートを用意します。「Assida Zgougou」と呼ばれるもので、ドライフルーツとアレッポマツという松の実をベースにしたおいしいカスタードクリーム(のようなもの)です。

今年、私の家族は、生誕祭のお祝いに夫の両親のところに行き、一緒にディナーをします。息子はいとこと遊ぶでしょうし、家族皆が集まれるので幸せな時間になるでしょう。

Dinnerが終わると、私たち家族は夫の家を離れ、私の両親の家に行き夜を過ごします。私の姉は息子におもちゃを買ってくれましたし、父はお菓子を買いに連れて行ってくれることでしょう

author:Frantiere, category:チュニジアの日常, 07:23
comments(0), -, -