RSS | ATOM | SEARCH
クロード・モネの庭〜Giverny〜

みなさん、こんにちは!

 

ブログでのご挨拶が遅れてしまいましたが、本年もよろしくお願い致します門松

 

年末より皆様にお答えいただきましたアンケートを集計しながら、昼夜、作戦会議をしております。

皆様のご期待に添えるスクールになりますよう、2018年も講師・スタッフ力を合わせて頑張ってまいります頑張る

 

さて、2018年最初のブログは、「クロード・モネの庭」です。

クロード・モネの作品「睡蓮」は日本でもとても有名で、お好きな方も多いかもしれません。

「睡蓮」で描かれたその美しい庭園は、Givernyの地にその当時のまま保存され、今は一般の方々にも開放されているんですよキラキラ

 

モネに代表される「印象派」は、絵具を持って屋外に出て、

目に映る風景や人物をその場でカンバスに描く、という制作スタイルを特徴としました。

その絵の中に、光の動きを表現することを大切にしていたからですポイント

時間や季節によって移り行く光を捉えようと、モネはこの庭を題材に多くの絵を残しています。

睡蓮を主題とした作品は約200点残されていると言われており、

モネはこの美しい庭でどれだけの時間カンバスに向かっていたのでしょうか…絵

 

モネの家のあるGivernyは、周辺が美しい街並みの小さな村になっています。

パリからの日帰りツアーもありますので、気になる方はぜひ調べてみてくださいねバスぷっ

モネの家が一般公開されているシーズンは、観光客で賑わっており、

特に夏は大混雑も覚悟しておく必要がありますが、

今は閉館していますので、ゆったりと静かなGivernyが楽しめるかもしれませんわらう

 

フランス遠いな〜、という日本の皆さん!

高知県の北川村にもあるんですゆう★!!!!

https://www.kjmonet.jp/

こちらも現在は閉館中ですが、暖かくなったら、足を運んでみたいですね晴れ

 

 

クロード・モネにちょっと興味を持った皆様にお勧めの教材は…

モネをテーマにした中級教材28&29ひらめき

今年初アップデートの教材です!

今年も皆様にレッスンでお会いできることを、とても楽しみにしています!

A bientôtバイバイ

 

author:Frantiere, category:フランス美術, 19:38
comments(0), -, -
南国のクリスマス〜フランス領ニューカレドニア〜

BonjourHi

12月のフランティアスタッフは、クリスマス料理やサンタさんの話題が多く、
講師たちからは、最近はチュニジアでもクリスマスのコマーシャルをしているの、という話で盛り上がり…
皆さんは、どんなクリスマスをお過ごしになりましたか?
今日は、南国のクリスマスをご紹介します!

南半球にあるニューカレドニア海

「天国にいちばん近い島」としても知られる、

美しい海と豊かな自然に囲まれた南国リゾートです。

 

 

ニューカレドニアはフランス領ってご存知でしたか?

公用語はもちろん、フランス語ですき

”プチフランス”と呼ばれるニューカレドニアは、

美味しいフランスパンパンやフランス料理のお店、

スーパーマーケットにはフランスのお菓子がずらりと並び、

街中には”フランス”が溢れていますフランス

 

 

そんなニューカレドニアのクリスマスは、

鮮やかな南国の色彩の中、青空に映える大きなクリスマスツリークリスマス

季節外れ?ではなく、いつも通りの、真夏のクリスマスですクリスマス

 

 

フランス領であるニューカレドニアでは、

クリスマスシーズンは飲食店も含め多くのお店がお休みし、

家族でクリスマスをお祝いするようです。

 

国や宗教、文化によって、その意味も過ごし方も違うクリスマス。
それでも、世界のあちらこちらで、街が着飾り、子どもがワクワクし、大人がソワソワする、
そんな日があるなんて、ちょっと素敵ですねハート

 

今年も残すところあとわずか。
私たち日本人の一大イベント!であるお正月ももうすぐですね門松
どうぞ皆様、よいお年をお迎えくださいませ。
Bonne et Heureuse année pleine de joie et de bonheur à tousにこちゃん

 

author:Frantiere, category:その他, 12:10
comments(0), -, -
スペルト小麦のかぼちゃパン

BonjourHi

 

皆さん、お久しぶりです!

さて、だいぶ寒くなってきましたが、皆さん風邪などひいていませんか?

 

寒ーい日はやっぱりあたたかいスープが食べたくなる今日この頃。

日本のお鍋やラーメンがおいしい季節になってきましたね。

 

今日は、Epeautre(エポートル)=スペルト小麦を使ったかぼちゃパンのお話。

 

エポートルというのはスペルト小麦のことで、現在の小麦の原種と言われる古代穀物です。

古代エジプトで栽培が始まり、その後ヨーロッパ各地に広がったと言われています。

グルテンが少なく、栄養価も大変優れている、ちょっと注目の健康小麦なのです矢印上

日本では売っているのかな??

 

 

ここフランスでは、オーガニックのお店で見つけたのですが、

既にイースト菌も入っているパン用ミックスの粉!

材料を混ぜて発酵させるだけで、簡単に美味しく、健康的なパンが作れる便利な小麦粉なんです。

 

かぼちゃは、日本の栗カボチャに近いPotimarronBio)を使用しました。

日本のカボチャに比べると、水気が多く炊くとかなりびちゃびちゃとしてしまうのですが、

圧力鍋でさっと蒸したらそのままピューレでも十分甘いカボチャです。

 

 

 

焼きたてはふっかふかでもっちりkyuき

卵もバターも牛乳も入れずに作れるので、アレルギーのある方や小さいお子様でも安心して食べられますよok

 

スペルト小麦が手に入ったら、パンはもちろん、お菓子やピザ生地などもオススメですひらめき

薫り高くて風味があり、きっと美味しくできると思いますよちゅん

 

author:Frantiere, category:フランスの日常, 13:22
comments(0), -, -