RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
ルーアン大聖堂〜la cathédrale de Rouen〜

BonjourHi

 

フランス北西部に位置するルーアンという街をご存知ですか。

 

かつてノルマンディー公国の首都だった街、

ジャンヌダルクの処刑された街、

フランス最古のオーベルジュのある街、

モネの絵で描かれるルーアン大聖堂のある街。

 

古くから栄えたこの街は、多くの歴史を刻んだ建築物が今なお残り、

街全体が美術館ともいわれる、古く美しい街ですキラキラ

 

 

歴史ある美しい石畳の街ルーアンですが、

夏に見逃せない場所といえば…ノートルダム大聖堂!

毎年夏にはプロジェクションマッピングが行われていますキラキラ

※写真は以前のものです。今年は新しいテーマでリニューアルされています。

 

歴史的な大聖堂にいいの!?と思わず驚いてしまいましたが、

光を使った演出なので、もちろん大丈夫、笑。

荘厳な大聖堂の正面いっぱいに繰り広げられる12分の物語は、

そのスケールも美しさも想像以上、まさに圧巻です!!!

 

パリから電車で約1時間半、中世のヨーロッパに迷い込んだような美しい街ルーアン。

ぜひ夏のフランス旅行の候補にいかがでしょうか。

 

次回は、ルーアンで体験できる”ゲーム”をご紹介します!

author:Frantiere, category:フランスの日常, 16:11
comments(0), -, -
ゲームの舞台〜ジャンヌダルク塔〜

Bonjour

今日は、フランスのちょっと変わったゲームのお話ですマリオ

 

脱出ゲーム、皆さんはチャレンジしたことありますか?

ここフランスでは、なんと!なんと!なんと!

あのジャンヌダルクが監禁された本物の塔を舞台に、

脱出ゲームを楽しめるのですびっくり

 

パリから北西に約120Km。

ジャンヌダルクが処刑された地としても有名なルーアンには、

ジャンヌダルク塔と呼ばれる大きな塔があり、

ジャンヌダルクはこの街で行われた裁判において、

1430年12月、この塔に監禁されていました。

 

 

そんな歴史的な塔を舞台に、中世さながらの脱出ゲームができるのです手

角の丸くなった古い長いらせん階段を上り、通された薄暗い部屋に入り

カチャっと鍵をかけられたら、ゲームのスタートです筋肉

 

まるで、昔の世界にタイムスリップしてきたような、そんな感覚になり、

自分たちの現代的な服が不釣り合いに感じてしまうような空間です。

 

 

 

制限時間は60分。

部屋の中に隠された様々な小道具から暗号を解き…

開けたBOXに隠されたヒントを元に更なる暗号を解き…

 

小道具もジャンヌダルクの時代に使用されていたものを再現していたり、

暗号もかつて使われた方法を採用していたり、と気分はまさに中世の騎士!

ゲーム自体の面白さもさることながら、

何といっても、そこは数百年前に実際にジャンヌダルクが監禁されていた塔。

分厚い壁に覆われた出口のない部屋は、居るだけで緊張感が高まる気がします。
 

 

 

暗号にはフランス語が使われていますが、連想ゲームのようなものが多く、

フランス語力はそこまで必要ではない印象です。

中級レベルくらいから楽しめるゲームでしょうかGOOD

ただ、本物の塔を使ったゲームなので、1組ずつしか挑戦できませんアセアセ

ルーアンに行かなければできないというのも、なかなかのハードル…_| ̄|○

とても人気で予約はかなり埋まっているようですが、

11月12日まで体験できるようです。

 

お近くの方、機会があれば、チャレンジして感想教えてくださいねニコ

author:Frantiere, category:フランスの日常, 15:06
comments(0), -, -
La cueillette des fraises〜いちご狩り〜

Bonjour、皆さんお元気ですか?

 

さて、フランスは6月はとってもお天気がよく、

37度を越す猛暑の日もありましたびっくり

 

フランスでは春から夏にかけて、

お天気がいい日はみんなバーベキューをしたり、

ピクニックに出かけたりとレジャーを楽しみます曇り

 

それ以外にもお天気がいい日に楽しめるレジャー。

それは農園で自分たちで果物や野菜を収穫できるという、

子供がいたら喜びそうなレジャーですいちご

 

というわけで、

今回は、旬のいちご狩りにチャレンジしてきましたよ。

(フランスでは春から夏にかけておいしい季節なのです)

 

 

私の家から車で10分くらいのところにある農園。

 

今日はスグリの実(フランス語でグロゼイユ)とカシスの実が収穫できるそうです。

 

えっ、パセリも…!?

 

 

 

まずはメインの苺いちご

この日はとても暑く、夕方から行ったので、

すでに真っ赤で熟れている大きい苺は収穫されてしまっていました泣く

 

こんなふうにちょっと色付いている苺はありましたが、

さすがにこれは収穫できない……

小さい苺をひたすら探して収穫しました汗

 

 

さて次は、スグリの実とカシス。

 

 

スグリは時間がなくて収穫に挑めなかったけれど、

カシスはたくさん実を付けていました。

実際に実のなるところを見られるのも、貴重な体験ですよね!

 

 

 

 

そして収穫した結果キラほし

 

 

 

 

じゃじゃーーーん!

 

 

頑張りました〜筋肉筋肉

 

直売なので値段も安いおい

13€くらいだったかな?

これだけ摘んでも約6€ですゆう★

 

 

無農薬ではないけれど、とっても新鮮な苺。

味が濃くて、スーパーでは味わえない美味しさです手

新鮮なカシスからは、とっても美味しいヨーグルトソースができましたよ。

 

暑かったけれど、大満足の苺狩りでした。

みなさんもフルーツ狩りにお出かけの際には、ぜひ朝一番に苺

暑すぎると熱中症になりそうなので、

そこそこの気候の時に行くのがいいですねおかお(幸せ)

 

それではまた次回!

A bientôtバイバイ
author:Frantiere, category:フランスの日常, 10:00
comments(1), -, -