RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
間もなく終了!ルーブル美術館展♡
Bonsoirハート

みなさん、GWは満喫されましたか?
今年はお天気も良く過ごしやすかったですね。天気

さて、2月から国立新美術館で開催されているルーブル美術館展
会期終了
が迫ってきましたがーん

まだ足を運んでいないというみなさん!
会期終了の6月1日まであと少しですよ〜!!急ぐ
(6月16日より京都市美術館で開催)

今回は、ルーブル美術館展で私が気になった作品を2つご紹介したいと思います。
というのも、見所が多すぎてお気に入りを一点を選べないがーんびっくり


まずは、やっぱりフェルメール『天文学者』ですよね!

それほど大きい絵ではないのですが、キラキラ抜群の存在感キラキラがありました

何と言っても、柔らかく窓から差し込む光の描写に惹き付けられますヤッタvきらきら

フェルメールファンの方はもちろんご存知だと思いますが、
この窓と横向きの人物は、フェルメールお得意の構図ですよね!
でもこの作品、特にミステリアスな雰囲気が漂っていると思いませんか?kyu

古い地球儀や机の上の様々な器具、地球儀を凝視する天文学者、壁にかかった絵、
いったい何をあらわしているいるのでしょうか。
諸説あるようですが、自分なりのストーリーを考えてみるのも面白いかもしれません!手


ヨハネス・フェルメール《天文学者》


つぎは、18世紀のフランスのロココ様式を代表する画家ジャン=アントワーヌ・ヴァトー
『二人の従姉妹』

このタイトル、気になりませんか〜?どきどきびっくり
親しげに戯れる男女と後ろ向きの女性
この二人の女性が従姉妹同士なんでしょうか。
この女性の表情が見えないだけに、余計に気になる〜!kyu↑

この作品には、さらに気になることがたくさん。
画面右側に人物を寄せた構図、遠くに見える裸婦像・・・・・
ヴァトーはどんなことを意図してこの作品を描いたのでしょうかはてな

ロココ様式では、歴史画や宗教画といった壮大な主題よりも
男女の恋愛の様子を描いた日常的な主題が好まれる傾向がありました。
けっこうスキャンダラスなシーンびっくりを想像させる作品も多く、
ついつい主題に関心が向かってしまいました!てへぺろ


ジャン=アントワーヌ・ヴァトー《二人の従姉妹》

見れば見るほど面白い、これが風俗画の醍醐味ではないでしょうか。
見所満載のルーブル美術館展、
疲れにくい靴で行くのをお勧めします!ふんっ

Au revoirばいばい











 
author:Frantiere, category:フランス美術, 19:36
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:36
-, -, -
Comment