RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
フランスの夏の味覚〜料理編〜

Bonjour à  tous Hi

前回の記事ではフランスの夏のデザートについてお伝えしましたが、
今回も引き続き、夏バテ防止にもぴったりなメニューをご紹介したいと思います
おかお(幸せ)Docomo_hart2

フランスで夏によく食べるものといえば、
お米のサラダ(salade du riz)やタブレ(taboulé)などが代表的です。


 
 

Salade du riz はタイ米のような長いお米に、
コーン、パプリカ、きゅうり、かにかま、トマト、ツナ缶を入れ、
マヨネーズであえて冷やしたものです
き

 tabouléはオリエンタル料理で、中近東料理の代表、クスクスにも使われる
semoule(セモリナの粉)を使って、ミント、パセリ、トマト、きゅうり、
オニオンなどで味付けしたサラダです
トマトき
元々はクスクスに似た“ブルグール”と呼ばれるデュラム小麦の粒を使った料理ですが、
フランスではクスクスのスムールを使ったタブレが
一般的に作られることが多いです。


どちらもさっぱりとしていて、猛暑太陽の日にはぴったりの料理です!

他には夏ならではのスープもとってもおいしいです。
最近では日本のレストランでも食べることが出来る
ガスパチョや
ヴィシソワーズはフランスでも人気のスープですはーと

ガスパチョはスペインとポルトガルからきた野菜の冷製スープ。
トマト、きゅうり、パプリカなどが入っていて市販でも売られていますが、
自分で作るのも良し◎
野菜がたっぷりとれるので体にもよさそうですね
onpu03

ちなみに、こちらは最近作ったパンプキンの冷製スープランチ


皆さんも材料が手に入ったら是非いろいろ作ってみてくださいねスマイル

日本もとても暑いようですが、
冷たい料理や野菜たっぷりのスープで、

お互い今年の猛暑を乗り切っていきましょう!!

À la prochaine fois!! 
author:Frantiere, category:フランスの日常, 17:09
comments(1), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:09
-, -, -
Comment
はじめまして。
ブルキナファソから和さんです。
仕事でフランス語を使うようになり、
フランス語力をあげるべく、がんばります。

先生方とお話をしていると心はチュニジアへ・・・。
いつかチュニジアにも遊びに行きたいな。

そういえば、タッブーレはヨルダンでもよく食べていました!
, 2015/07/19 10:57 AM