RSS | ATOM | SEARCH
チュニジアの結婚式とは…?
Bonjour Hi

10月に入り、日本は少しづつ秋らしい天気になってきましたね
もみじ

日本でも、春や秋に結婚式を挙げる方が多いですが、
チュニジアは秋が結婚式のベストシーズン
!!

そこで、今回は、チュニジアの結婚式事情をご紹介したいと思います。
日本とは違う習慣が多いチュニジアの結婚式…
Weddingの知識が豊富なRania先生に聞いてみました
おかお(幸せ)

(以下、Rania講師の記事の日本語訳です)
----------------------------------------------------------------------
チュニジアの結婚式は他の国とは異なる風習があり、
また地方によっても異なります

例えば結婚式の日数キラキラ
Baja地方の伝統的な結婚式は7日間かけて行う必要があります。
しかし、最近では多くの人が忙しさや仕事を理由に、3〜4日間で行うことが多いです。

準備は数か月前から始まり、
花嫁は新居のために多くの物を買い揃え、
結婚式の2週間前に、準備したものを
家族や友人に披露する場を設けます
お願い
 





そして2週間後、結婚式が始まると…heart

1日目の夜は”Henna”と呼ばれます。
この日には花嫁は結婚式の始まりを祝うために
特別な原料を使ったタトゥーをペインティングします
パレット



2日目は“Aguilera”と呼ばれます。
本来は花嫁は伝統的なドレスを着る必要がありますが、
最近ではインドの有名なドレスであるサリーを着ます
ハート
サリーはとても美しく、特別な衣装であり、
着心地もとても快適であるため選ばれているようです。








また、この日、花婿は両親と共に花嫁の家を訪れ、
生け捕りにした子牛の肉
肉を持ってきます。
この肉は「クスクス」を作るために使うもので、
この特別なクスクスは「Mhamsa」と呼ばれています
き



3日目には、「クスクス」と「Tagine(タジン)」を準備しますが、
少なくとも150人分の量を準備します
マジで
人々に結婚の誓いを見届けてもらう代わりに、
料理でおもてなしするのです
料理

そして、夜になると「Wteya」と呼ばれるパーティーが始まり、
人々はダンスをして楽しみます
音符
花嫁は自分に一番似合う色のドレスを選び、お色直しをします。

4日目の最終日は、数日間の結婚式の中で一番盛大で、
全ての人々がドレスを身にまとい、
おしゃれをして「Wedding hall」と呼ばれる会場に向かいます。
花嫁はまるでプリンセスのような白いドレスを着て
きれいなメイクをします
きらきら
そして、人々はダンスをしたり、
ケーキを食べたりして、盛大に結婚を祝うのです。






--------------------------------------------------------------------

少し長くなってしまいましたが、いかがでしたか?:)

こんな風に、たくさんの準備と長い時間をかけて行われる
チュニジアの結婚式。
時間と手間をかけた分、
夫婦の絆はより強いものになるのかもしれませんね時々ウインクペコちゃん

今回、記事を書いてくれたRania講師は
日本の結婚式事情にも大変興味があるそうですstar

また、講師の中にも、最近結婚式を経験した先生や
家族の結婚式に参列した先生がたくさんいらっしゃいますニコッ

ぜひ、レッスンにてお互いの国の結婚式事情について
情報交換をして楽しんでみてくださいねはーと

それでは今回はこの辺で…また次回の記事をお楽しみにHi











 
author:Frantiere, category:チュニジアの日常, 20:58
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:58
-, -, -
Comment