RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
Bon anniversaire!

BonjuorHi

 

日本では梅雨のジメジメした日々が続いていますが、

今回は新シリーズとしてベルギーからの情報をお届けいたしますき

 

ベルギーの首都ブリュッセルでもフランス語は公用語として使われます。

基本的に若い方はフランス語と英語どちらも流暢に話すことが多いのですが、

お年寄りとの会話や小売店や市場でのお買い物はフランス語が必要な場面もあります。

そんなブリュッセルでの暮らしの一コマをご紹介したいと思います。

 

今回のテーマは「誕生日」です。

ベルギーでは、誕生日を迎える本人が職場や学校など、

日頃お世話になっている人たちへケーキなどを振る舞う日になっていますケーキ

幼稚園ではお母さんの手作りケーキを先生にお渡して、

おやつの時間に皆で食べたり、駄菓子とおもちゃを詰め合わせた

小さなプレゼント(petit cadeau)をクラスメイトひとりひとりに配ったりします。

(なので、お母さんたちはお菓子を作ったり、ラッピングをしたりと大忙しkyuあせ

 

無事に誕生日を迎えられたのは、日頃周囲の方にお世話になっているからこそという

気持ちがベースにあるようで、日本とはまた違ういい習慣だなと思いますぴのこ:)

 

ちなみに、7、8月の夏休み中にお子さんがお誕生日を迎える場合は、

少し前倒しで夏休み前の6月に学校やお家で誕生日パーティーをすることも多いそうで、

6月の予定が子供の誕生日パーティーだらけになることもあるそうですよ時々ウインクペコちゃん♪

 

ホームパーティーの準備のひとつにおうちの飾りつけという大事なお仕事も。

おうちの飾りつけのためにお母さん達は文房具屋さんに材料を調達に!

 

 

日本では見かけない色々な飾りつけの材料が売られていて、ワクワクしてきますDocomo80


 

料理や飾り付けが完成したらパーティーの始まり!

みんなで一緒にお祝いしますき

 

ベルギーの暮らしの一コマ、いかがでしたでしょうか?

日本にも母の日や父の日など周りに感謝する日はありますが、

ご自身の誕生日にもぜひ周りの方に感謝を伝えてみる…

そんな自分も周りもHappyな誕生日はとても素敵ですねハート

 

またベルギーの情報もお届けしていきたいと思いますので、

フランスやチュニジアはもちろん、その他のフランス語圏の国にも

興味を持っていただけるきっかけになればうれしいですニコonpu03

 

それでは今回はこの辺で…

次回もお楽しみに!

 

 

 

author:Frantiere, category:ベルギーの日常, 19:50
comments(1), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:50
-, -, -
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2016/08/06 5:35 AM