RSS | ATOM | SEARCH
ゲームの舞台〜ジャンヌダルク塔〜

Bonjour

今日は、フランスのちょっと変わったゲームのお話ですマリオ

 

脱出ゲーム、皆さんはチャレンジしたことありますか?

ここフランスでは、なんと!なんと!なんと!

あのジャンヌダルクが監禁された本物の塔を舞台に、

脱出ゲームを楽しめるのですびっくり

 

パリから北西に約120Km。

ジャンヌダルクが処刑された地としても有名なルーアンには、

ジャンヌダルク塔と呼ばれる大きな塔があり、

ジャンヌダルクはこの街で行われた裁判において、

1430年12月、この塔に監禁されていました。

 

 

そんな歴史的な塔を舞台に、中世さながらの脱出ゲームができるのです手

角の丸くなった古い長いらせん階段を上り、通された薄暗い部屋に入り

カチャっと鍵をかけられたら、ゲームのスタートです筋肉

 

まるで、昔の世界にタイムスリップしてきたような、そんな感覚になり、

自分たちの現代的な服が不釣り合いに感じてしまうような空間です。

 

 

 

制限時間は60分。

部屋の中に隠された様々な小道具から暗号を解き…

開けたBOXに隠されたヒントを元に更なる暗号を解き…

 

小道具もジャンヌダルクの時代に使用されていたものを再現していたり、

暗号もかつて使われた方法を採用していたり、と気分はまさに中世の騎士!

ゲーム自体の面白さもさることながら、

何といっても、そこは数百年前に実際にジャンヌダルクが監禁されていた塔。

分厚い壁に覆われた出口のない部屋は、居るだけで緊張感が高まる気がします。
 

 

 

暗号にはフランス語が使われていますが、連想ゲームのようなものが多く、

フランス語力はそこまで必要ではない印象です。

中級レベルくらいから楽しめるゲームでしょうかGOOD

ただ、本物の塔を使ったゲームなので、1組ずつしか挑戦できませんアセアセ

ルーアンに行かなければできないというのも、なかなかのハードル…_| ̄|○

とても人気で予約はかなり埋まっているようですが、

11月12日まで体験できるようです。

 

お近くの方、機会があれば、チャレンジして感想教えてくださいねニコ

author:Frantiere, category:フランスの日常, 15:06
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:06
-, -, -
Comment