RSS | ATOM | SEARCH
クロード・モネの庭〜Giverny〜

みなさん、こんにちは!

 

ブログでのご挨拶が遅れてしまいましたが、本年もよろしくお願い致します門松

 

年末より皆様にお答えいただきましたアンケートを集計しながら、昼夜、作戦会議をしております。

皆様のご期待に添えるスクールになりますよう、2018年も講師・スタッフ力を合わせて頑張ってまいります頑張る

 

さて、2018年最初のブログは、「クロード・モネの庭」です。

クロード・モネの作品「睡蓮」は日本でもとても有名で、お好きな方も多いかもしれません。

「睡蓮」で描かれたその美しい庭園は、Givernyの地にその当時のまま保存され、今は一般の方々にも開放されているんですよキラキラ

 

モネに代表される「印象派」は、絵具を持って屋外に出て、

目に映る風景や人物をその場でカンバスに描く、という制作スタイルを特徴としました。

その絵の中に、光の動きを表現することを大切にしていたからですポイント

時間や季節によって移り行く光を捉えようと、モネはこの庭を題材に多くの絵を残しています。

睡蓮を主題とした作品は約200点残されていると言われており、

モネはこの美しい庭でどれだけの時間カンバスに向かっていたのでしょうか…絵

 

モネの家のあるGivernyは、周辺が美しい街並みの小さな村になっています。

パリからの日帰りツアーもありますので、気になる方はぜひ調べてみてくださいねバスぷっ

モネの家が一般公開されているシーズンは、観光客で賑わっており、

特に夏は大混雑も覚悟しておく必要がありますが、

今は閉館していますので、ゆったりと静かなGivernyが楽しめるかもしれませんわらう

 

フランス遠いな〜、という日本の皆さん!

高知県の北川村にもあるんですゆう★!!!!

https://www.kjmonet.jp/

こちらも現在は閉館中ですが、暖かくなったら、足を運んでみたいですね晴れ

 

 

クロード・モネにちょっと興味を持った皆様にお勧めの教材は…

モネをテーマにした中級教材28&29ひらめき

今年初アップデートの教材です!

今年も皆様にレッスンでお会いできることを、とても楽しみにしています!

A bientôtバイバイ

 

author:Frantiere, category:フランス美術, 19:38
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:38
-, -, -
Comment