RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
La cueillette des fraises〜いちご狩り〜

Bonjour、皆さんお元気ですか?

 

さて、フランスは6月はとってもお天気がよく、

37度を越す猛暑の日もありましたびっくり

 

フランスでは春から夏にかけて、

お天気がいい日はみんなバーベキューをしたり、

ピクニックに出かけたりとレジャーを楽しみます曇り

 

それ以外にもお天気がいい日に楽しめるレジャー。

それは農園で自分たちで果物や野菜を収穫できるという、

子供がいたら喜びそうなレジャーですいちご

 

というわけで、

今回は、旬のいちご狩りにチャレンジしてきましたよ。

(フランスでは春から夏にかけておいしい季節なのです)

 

 

私の家から車で10分くらいのところにある農園。

 

今日はスグリの実(フランス語でグロゼイユ)とカシスの実が収穫できるそうです。

 

えっ、パセリも…!?

 

 

 

まずはメインの苺いちご

この日はとても暑く、夕方から行ったので、

すでに真っ赤で熟れている大きい苺は収穫されてしまっていました泣く

 

こんなふうにちょっと色付いている苺はありましたが、

さすがにこれは収穫できない……

小さい苺をひたすら探して収穫しました汗

 

 

さて次は、スグリの実とカシス。

 

 

スグリは時間がなくて収穫に挑めなかったけれど、

カシスはたくさん実を付けていました。

実際に実のなるところを見られるのも、貴重な体験ですよね!

 

 

 

 

そして収穫した結果キラほし

 

 

 

 

じゃじゃーーーん!

 

 

頑張りました〜筋肉筋肉

 

直売なので値段も安いおい

13€くらいだったかな?

これだけ摘んでも約6€ですゆう★

 

 

無農薬ではないけれど、とっても新鮮な苺。

味が濃くて、スーパーでは味わえない美味しさです手

新鮮なカシスからは、とっても美味しいヨーグルトソースができましたよ。

 

暑かったけれど、大満足の苺狩りでした。

みなさんもフルーツ狩りにお出かけの際には、ぜひ朝一番に苺

暑すぎると熱中症になりそうなので、

そこそこの気候の時に行くのがいいですねおかお(幸せ)

 

それではまた次回!

A bientôtバイバイ
author:Frantiere, category:フランスの日常, 10:00
comments(1), -, -
Marseilleでのお買い物〜Rajaの留学日記〜

BonjourHi

Rajaの留学日記、今日が最後の記事となりました。
ぜひお楽しみくださいキラキラ

------------------------------------------------------------------------

フランス滞在中には、マルセイユでのお買い物も楽しみましたundefinedundefined

 

素敵なお洋服に靴、そしてアクセサリーは、

多くのお店の集まる中心地、Castellane"カステラーヌでDocomo102

 

そうそう、マルセイユのお買い物で忘れてはならないのは、”Savon de Marseille〜マルセイユ石鹸〜"ですポイント

マルセイユに訪れた際には、皆さんも必ず耳にするであろうこの石鹸泡

マルセイユの伝統的な製法で作られた石鹸で、洗浄効果が高く、

フランス国内でも、マルセイユの特産品としてとても有名です。

マルセイユ石鹸のお店には、様々な香りや形の石鹸が置かれ、見ているだけでも楽しく、

たくさんの種類の中からお気に入りの石鹸を選ぶことができますよ手

 

 

さて、私のマルセイユ留学も残りわずかとなったころ、もちろん家族へのお土産も買いに行きました。

香水や洋服も選びましたが、お土産のメインとなるのはチョコレートとビスケットですチョコ

私たちチュニジア人は、他国を訪れた際に、チョコレートをお土産にすることが多いんですウィンク

 

 

私の留学日記はこの記事で終わりです。

最後になりましたが、私の留学レポートにお付き合いいただき、ありがとうございました。

いつかまたここで、新しい国の新しい冒険を、皆様と分かち合えることを願っています。

 

Raja

------------------------------------------------------------------------

 

旅先でのお買い物は、どの国の女性にもきっと魅力的で楽しい時間ですね。

Raja講師の留学日記、今回の記事が最後となりましたが、

続きはぜひ、Raja講師のレッスンでバイバイ

author:Frantiere, category:フランスの日常, 09:18
comments(0), -, -
砂糖とミルクはいかがですか?

みなさんこんにちはHi

今日は久しぶりにベルギーからのブログをお届けしますき

 

------------------------------------------------------------------------

 

ベルギーでは約2週間のイースター休暇(春休み)が終わり、

学校や会社が再開、バカンスから日常に戻りました。

最近はお天気もようやく冬のどんよりしたお天気から抜け出し、

太陽を浴びる時間が増えたので嬉しい限りです。

我が家はこの休暇中、ポルトガルに旅行しに行きました。

ベルギーからは飛行機で3時間と、子供を連れても行きやすい距離で、

治安も良くご飯も美味しくとても素敵な時間を過ごすことができました。

 


 

そんなポルトガル行きの飛行機の中で、

フランス語に触れる機会があったので、ご紹介したいと思います。

CAさんがお客様に言っていた言葉です。

Qu'est-ce que vous voulez boire ?(何をお飲みになりますか?)

これに対して、私は「紅茶をお願いします。「Du thé, S.V.P.」」

と答えたのですが、

 

―あれ??砂糖やミルクがいらない場合、なんて言えばいいんだろう?

と思いました。

他のお客さんは何も入れない場合はシンプルに

Non,merci.」と答えていたので、真似することにしました。

 

ストレートティーのことはle thé natureと言うようです。

CAさんの方から、(お砂糖かミルクは要りますか?)は、

Lait? Sucre?」という、とても簡単な単語だけで質問していました。

直訳して「ミルク?砂糖?」という聞き方だと

日本ではぶっきらぼうな感じがしますが、

フランス語ではお客様に使っても大丈夫な表現なんだなぁと面白く感じました。

ちなみに、ちゃんとした文章にするとすれば、

Vous voulez du lait ?」(ミルクが要りますか?)や、

Je vous sers du lait ?」(私があなたにミルクを入れましょうか?)

という表現になるようです。

 

フランス語での注文はフランス語初心者にとっては

とてもドキドキすることですが、面白い体験でしたちゅん

ご旅行などで飛行機に乗る際には

機内での会話に耳を傾けてみても面白いかもしれません。

 

ではでは、また〜きらきら

 

 

 

author:Frantiere, category:ベルギーの日常, 11:18
comments(0), -, -