RSS | ATOM | SEARCH
預言者生誕祭

みなさん、こんにちは!

 

2018年11月21日はイスラム教の祭礼、預言者生誕祭でした。

私たちになじみのグレゴリオ暦は1年365日ですが、イスラム教は1年354日のヒジュラ暦を用います。

そのため、ラマダンも犠牲祭も預言者生誕祭も、グレゴリオ暦で見ると毎年異なる日になるのです。

 

グレゴリオ暦2018年は、11月21日が預言者生誕祭。

私たちの講師国チュニジアでは、祝日です。

さて、預言者生誕祭って何をするの?ということで、Rim講師に聞いてみました!

 

 

Al Mouled  est une fête religieuse qui célèbre la naissance du prophète de l’islam « Mouhamed » ; elle a lieu le 12 « Rabia al awal » le troisième mois du calendrier islamique.

 

En Tunisie on profite de cette occasion pour rendre visite aux proches, leur souhaiter les meilleurs vœux et s'amuser ensemble.

 

La veille du Mouled ; on prépare un dessert spécial : c'est une délicieuse crème pâtissière à base de pignon de pin d’Alep garnie avec des fruits secs. Ce plat s'appelle « Assida Zgougou ».

 

Pour ma petit famille cette année nous allons visiter mes beaux-parents Pour les féliciter et avoir le dîner ensemble ; mon fils jouera avec ses cousins  et Tout le monde sera heureux puisque toute la famille sera réuni.

 

Après le dîner nous quitterons pour passer la soirée chez mes parents ; ma sœur a acheté des  jouets pour mon fils spécialement pour le Mouled  et mon père lui emmènera pour acheter des bonbons.

 

 

 

欧米のクリスマスに似ているのかな、と思うのですが、チュニジアではお休みは1日。

家族の集まれる、幸せな祭日のようです^ ^

ちなみに、イスラム教の国チュニジアでは、本来クリスマスのお祝いはしないのですが…

最近は街中で広告を見かけたり、クリスマスを楽しむ人も増えてきているのだとか。

もっともっと知りたい方は、ぜひレッスンで講師に聞いてみてくださいね!

 

------------------------------------------------------------------------------------

(日本語訳)

Al Mouled は イスラム教の開祖ムハンマドを祝う、宗教上の祭礼です。それは、イスラム暦の第3月「Rabia al awal 」の12日に行われます。

私たちチュニジア人にとっては、親戚に会いに行き、お祝いの言葉を交わし一緒に楽しむ日です。

生誕祭の前夜、私たちは特別なデザートを用意します。「Assida Zgougou」と呼ばれるもので、ドライフルーツとアレッポマツという松の実をベースにしたおいしいカスタードクリーム(のようなもの)です。

今年、私の家族は、生誕祭のお祝いに夫の両親のところに行き、一緒にディナーをします。息子はいとこと遊ぶでしょうし、家族皆が集まれるので幸せな時間になるでしょう。

Dinnerが終わると、私たち家族は夫の家を離れ、私の両親の家に行き夜を過ごします。私の姉は息子におもちゃを買ってくれましたし、父はお菓子を買いに連れて行ってくれることでしょう

author:Frantiere, category:チュニジアの日常, 07:23
comments(0), -, -
美食の国からやってきた冷凍食品Picard

みなさん、こんにちは!

今夏は猛暑が続いておりますが、みなさまいかがおすごしでしょうか。

 

先日、日本事務局のスタッフでフランスの冷凍食品ブランド

ピカールpicardでランチ会をしました。

美食大国フランスにて、日常の食卓にかぎらず、ホームパーティー

でも活用されているほど美味しいとの噂。

 

いくつかの商品を試しましたが、今回は特におすすめをご紹介します。

 

エスカルゴ・ブルゴーニュ風

個人的に一番おすすめ。抜群に美味しかったです。

味わい深く、お酒のアテ向き。

乗せてもよし、残ったバターをすくっても良し、バゲットもぜひご用意ください。

 

小エビ、ズッキーニのショートパスタ バジルソース

こちら、なぜか幼児たちに大人気。

一人暮らしの食卓にも、贅沢ランチにも万能な一品。

 

食いしん坊のミニエクレア

とっても華やかで可愛らしい見た目のエクレア。

パーティーにはぴったりですね。

大きすぎず、甘すぎずで何個も食べられてしまうスイーツでした。

 

こちら以外にも、本当に美味しいものばかりで、、

"楽"したいから冷凍食品ではなく、「今日はちょっと贅沢しよう」

という気持ちで購入したくなるような味付けでした。

(通常の冷凍食品よりお高いので必然的にそうなりますが。。('ω'

 

 

前菜やメインにはオーブンを異なる温度で使用するメニューが多い印象でした

ので、一度の食事で複数メニュー使用する際には、事前のご確認をお忘れなく!!

オーブン大渋滞なんてことも、、、

 

また、店舗や取扱スーパーは限られますが、オンラインで購入が可能です。

気軽に本格フレンチを楽しめますので、気になる方はぜひお試しください♪

author:Frantiere, category:その他, 23:09
comments(0), -, -
フランス語の絵本

Bonjour!

 

みなさん、こんにちは!

すっかり前回の更新から日が空いてしまいましたが、

今日はフランス語勉強の息抜きにおススメしたい場所をご紹介します。

 

少しフランス語が読めるようになったら、

フランス語の絵本にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

子ども向けの絵本は、簡単なフランス語を使っていることが多く、

ちょっとした息抜きにも最適です。

 

先日、東京都上野にある「国際子ども図書館」に行ってきました!

ここには児童書コーナーの隣に「世界を知る部屋」というお部屋があり、

様々な外国語の本(主に児童書)が並んでいます。

 

フランス語の絵本は、数こそ多くありませんが、

日本でもおなじみの本が、何か国語にも翻訳されて並んでいました。

日本語や他の言語の本を読み比べてみると、

フランス語ではこんな表現をするんだ…と思うこともしばしば。

みなさんにとっても懐かしい本があるかもしれません♪

物語の内容に癒されながら、ちょっとしたフランス語学習を楽しめます。

 

国際子ども図書館は、置かれた本の面白さのみならず、

その建物も明治時代に建てられた趣のある空間。

大階段やレトロな木枠の大きな窓、重厚感のある扉、

歴史ある建物の中で静かに本を眺める楽しさもある場所です。

 

日本は梅雨入り。

お出掛け場所に悩んだ雨の日に、足を運んでみるのはいかがでしょうか。

author:Frantiere, category:その他, 15:29
comments(0), -, -