RSS | ATOM | SEARCH
ベルギーのカフェ事情

BonjourHi

 

最近は「今年は秋があったのかな?」と思うような寒い日が続きますが、

みなさま体調はいかがでしょうか?

 

寒くて外に出たくない時こそ、ぜひフランティアのレッスンを

お楽しみ頂ければと思いますき

 

さて、今回はベルギーの日常第3弾をお届けいたします。

今回はカフェについてのお話ですカフェ

 

------------------------------------------------------------------------

 

 

ベルギーの人々を見ていると、とにかくカフェでおしゃべりするのが大好き!

という印象を受けます。

 

 

老夫婦が2人揃ってケーキを食べていたり、

親子連れや男性同士でも気軽にコーヒーを飲みながら会話を楽しんでいますstar

日本とちょっと違うところは、飲み物に必ず小さなお菓子が付いてくるところです。

チョコレート消費量が世界1位のベルギーでは、

よく四角くて小さなチョコレートが添えられて出てきます。

 

 

夏はおじいちゃんがアイスクリームをおいしそうに食べていたり、

男性がおひとり様でパフェを食べている姿を目にすることもよくあり、

最初はとても驚きました。

 

甘い物が大好きなベルギー人。

最近ではヨーロッパで緑茶がブームになりつつあるようですが、

なんと緑茶にもお砂糖が添えられてきますマジで

写真のように、なぜかカラフルな南部鉄器も

おしゃれアイテムとして流行っていますよ!)

スーパーで売っているgreen teaと書かれたペットボトル飲料も

砂糖入りで甘かったです。

日本人としてはこれはnon non!!ですね泣き

 

最近では、太陽の光を感じられる日がかなり少なくなってきました。

そのせいか、カフェのテラス席でダウンを着込んでまで

コーヒーを飲む人々を見かけます。

日本人からしたら寒そう〜!と心配してしまうのですが、

彼らはそこがお気に入りの場所のようですき

公共のトイレがとても少ないベルギー。

カフェで飲み、しゃべって休んで、トイレに行ってという

一連の流れが1セットになっているようで、

トイレの少なさに特に困ってはいないのだそうです。

日本人の私は毎回出かけるとそわそわしてしまいます!

 

是非、ベルギーにお越しの際には、チョコレート屋さんめぐりとともに、

カフェに入って甘い物を食べてみてくださいね♪

冬はchocolat chaudショコラショーがおすすめです!

ホットチョコレートと思いきや、フランス語でココアのことでした…)

 

------------------------------------------------------------------------

 

ベルギーのカフェ事情、いかがでしたか?

寒い場所で飲む温かい飲み物とチョコレート…

あえて寒い場所で過ごすことが日常の小さな幸せになるのかなと感じましたサキ

個人的には緑茶にはチョコレートではなく、和菓子を添えて欲しいところですが…

 

次回もお楽しみにHi

 

author:Frantiere, category:ベルギーの日常, 16:45
comments(1), -, -
フラワーカーペットとワッフル

BonjourHi

 

前回から時間が少し空いてしまっていましたが、

まだまだ暑い日が多く、秋が待ち遠しいですねニコき

 

さて、今回もベルギーの日常を第二弾としてお届けいたします。

----------------------------------------------------------------------

先日、2年に1度催されるグランプラスでのフラワーカーペットを見てきました。

ブリュッセルのグランプラスという世界一美しいと称される広場に、

ベゴニアの花が敷き詰められ、一枚の巨大な絨毯のようなデザインを楽しめます。

 

今年はベルギーと日本の友好150周年を記念して、

日本の花鳥風月がテーマでした日本

 

前日には約100人の職人や日本人ボランティアによって

80万本の色鮮やかなベゴニアが敷かれるそうです。

5ユーロの入場料を支払い、旧市庁舎のバルコニーへ登っていくと・・・

上から見るカーペットはさらに綺麗で、色鮮やかな模様にうっとりしましたDocomo_hart

 

 

 

フラワーカーペットのイベントでにぎわう街の中心部では

路上でワッフルの販売を見かけます。

日本ではワッフルと言いますが、フランス語ではゴーフルと言います。

味はバターがたっぷり入っていて、パンに似た食感でとても美味しい!

ベルギーに住んでいて幸せ〜!と思えることの一つがこのゴーフルです。

名物のチョコなど、甘い物が至る所にあふれている街、ブリュッセル。

体重増加は避けて通れません・・・泣き

----------------------------------------------------------------------

 

ベルギーの街に現れた日本のモチーフ…

それを海外の方が見ていると思うとわくわくしますね!

そしてゴーフルも聞いているだけで食べたくなりますサキ

花より団子にならないように気を付けながら、

次回の開催時にはぜひ私も行ってみたいです!

 

それでは今回はこの辺で…次回もお楽しみに♪

 

author:Frantiere, category:ベルギーの日常, 17:27
comments(1), -, -
Bon anniversaire!

BonjuorHi

 

日本では梅雨のジメジメした日々が続いていますが、

今回は新シリーズとしてベルギーからの情報をお届けいたしますき

 

ベルギーの首都ブリュッセルでもフランス語は公用語として使われます。

基本的に若い方はフランス語と英語どちらも流暢に話すことが多いのですが、

お年寄りとの会話や小売店や市場でのお買い物はフランス語が必要な場面もあります。

そんなブリュッセルでの暮らしの一コマをご紹介したいと思います。

 

今回のテーマは「誕生日」です。

ベルギーでは、誕生日を迎える本人が職場や学校など、

日頃お世話になっている人たちへケーキなどを振る舞う日になっていますケーキ

幼稚園ではお母さんの手作りケーキを先生にお渡して、

おやつの時間に皆で食べたり、駄菓子とおもちゃを詰め合わせた

小さなプレゼント(petit cadeau)をクラスメイトひとりひとりに配ったりします。

(なので、お母さんたちはお菓子を作ったり、ラッピングをしたりと大忙しkyuあせ

 

無事に誕生日を迎えられたのは、日頃周囲の方にお世話になっているからこそという

気持ちがベースにあるようで、日本とはまた違ういい習慣だなと思いますぴのこ:)

 

ちなみに、7、8月の夏休み中にお子さんがお誕生日を迎える場合は、

少し前倒しで夏休み前の6月に学校やお家で誕生日パーティーをすることも多いそうで、

6月の予定が子供の誕生日パーティーだらけになることもあるそうですよ時々ウインクペコちゃん♪

 

ホームパーティーの準備のひとつにおうちの飾りつけという大事なお仕事も。

おうちの飾りつけのためにお母さん達は文房具屋さんに材料を調達に!

 

 

日本では見かけない色々な飾りつけの材料が売られていて、ワクワクしてきますDocomo80


 

料理や飾り付けが完成したらパーティーの始まり!

みんなで一緒にお祝いしますき

 

ベルギーの暮らしの一コマ、いかがでしたでしょうか?

日本にも母の日や父の日など周りに感謝する日はありますが、

ご自身の誕生日にもぜひ周りの方に感謝を伝えてみる…

そんな自分も周りもHappyな誕生日はとても素敵ですねハート

 

またベルギーの情報もお届けしていきたいと思いますので、

フランスやチュニジアはもちろん、その他のフランス語圏の国にも

興味を持っていただけるきっかけになればうれしいですニコonpu03

 

それでは今回はこの辺で…

次回もお楽しみに!

 

 

 

author:Frantiere, category:ベルギーの日常, 19:50
comments(1), -, -